スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生まれてはじめてのオペラ観賞w

生まれてはじめてオペラ観賞などという文化的なことをしてきましたw
まあなんせ沖縄の貧乏な家庭に育ったものですからそんなものには縁がなく、緊張しながら観てましたw

びっくりしたのは移動途中で

「・・・この道って・・・随分懐かしいのですけど・・・」

と思いつつ坂を登る・・・
道を曲がる・・・

「・・・おいおい・・・まじで20年ぶりだよ・・・初めてセミナー参加したのも12月のこの時期だったよな・・・たしか・・・」


はい。
オペラの会場はM派なら「聖地」にすること間違いなしの場所のすぐ近くでした。
即ち、

「渋谷コープ」

全ての始まりの場所

後5分で開演だというのに少し立ち止まって物思いに耽ってしまいましたw


ま、そんなことよりも・・・オペラの内容。

字幕もあって初めての人にも安心でしたw

劇中の副主役が方が・・・なんとなく目で追いかけてしまい、・・何故だろうと思ってたら・・・

「ああ。俺ってこういう人もタイプなのかw」

と認識w

そんなことはさておき、とても楽しい一時でした。
オペラ好きになったかもw
オペラファンが多いのも理解できるw

日本で言えば、「能」にあたるのかな?
(ちょっと歪んだ理解?)

某お方、チケット手配してくださってありがとう~^^
スポンサーサイト

<< 整体の宣伝w | ホーム | 整体 >>


コメント

いやいや

別に某と言わずとも、
私で良いわけですが。(笑)

しかしご来場ありがとうございました。
あれが初体験ではちょいとしんどいものが、
と思う反面、まあ気楽でいいかな、
という演奏内容、レベルのまずさでしたが、
これに懲りず、またお運び下されば幸いです。

「聖地」、みんなと一緒だったので
そうキョロキョロも出来ず、
ましてや立位礼拝をするわけにもいかず、(笑)
ちゃんと確認出来なかったのが残念です。

ぼんち@ボーダフォン さん

あらw
一応気を使ったつもりでしたがw

いえいえ。
とても楽しい時間でした^^
まったくそういった教養の抜け落ちた俺には大変文化的な体験になりました^^
まさか自分の人生でそういうった教養を育む時間を奪い去った場所の近くで、そういう文化的体験をするとは思いもしませんでしたw
まさに時間を「手放し」そして「再度握る」ということを経験しました。
ありがとうございました。
 
はじめは一緒に行く予定だった方が急用が入ったのでどうしようかと思いましたが・・・やはり行って良かったと思いました^^
また機会ありましたら教えてください。
別の友達も一緒に行きたいと申しておりますw

こっちではお初です。

夜中に笑わせないで下さい。
寝ようと思ってたのに、
目が冴えてしまった。(笑)

lullさん

ははは^^

でもね、俺は思うのです。
人間は人間らしいままで、人間を超えなくちゃいけないと。
だからここでは面白い話とかジョークとかも言いますよ^^
ユーモアも理解できない人たちだったからあんな事件を起こしてしまったのだと思うから。

適度な量として、喜びも悲しみも楽しみも苦しみも必要なものだと思うんです。
どっかが過度になるからいけないんだと思う。
ユーモアは忘れてはいけないものだと思います。
現代においてはね^^

釈迦牟尼だって忘れなかった。
宝石金銀財宝を見て、
「毒蛇毒蛇」
と言いながらその場を立ち去ったw

サンデーさん

明らかに記事とはあまり関係ないコメントなので削除するね。

シヴァさんへ

>ユーモアも理解できない人たちだったからあんな事件を起こしてしまったのだと思うから

全くの同意です。
ユーモアと綺語を勘違いし、挨拶すら綺語と・・・。

それと、笑い、はとても必要だとおもいますが、
怪我して苦しんでいる人を見ながら、「カルマが
落ちて良かったね」と言って笑っている、そんな
笑い・・・
要りませんよね。

>釈迦牟尼だって忘れなかった。
宝石金銀財宝を見て、
「毒蛇毒蛇」
と言いながらその場を立ち去ったw

やっぱり本物は、気取りが無くて良いですね。



lullさん

まあ、こちらでは笑いも混ぜながらということで^^

素敵な言葉をみつけました。

 “悲しみがあなたの中に深く刻まれれば刻まれるほど、もっとたくさんの喜びを受け入れられるようになる。”
 カリール・ジブラン(レバノン系アメリカ人詩人)



lull さん

素敵な言葉ですね^^
悲しみと喜びは実は同じもの。
この洞察に至ることができる言葉だと思います^^

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
>